レディースキャッシング

レディースキャッシングとは女性専用のキャッシングのことを言います。

キャッシングを利用している人のうち、77.7%が男性というデータがありますが、女性の利用希望者も年々増えてきているのも事実なのです。

キャッシングがサラ金と呼ばれていた時代と比べるとだいぶ女性にも身近に感じられるようになってはいるようなのですが、それでも圧倒的に男性の利用者が多いようです。

通常のキャッシングとレディースキャッシングの違いは、レディースキャッシングは一般的に女性利用者専用である。女性スタッフが対応してくれるということですね。

同性による対応のほうが快適と感じる女性客と、返済率の高い女性の顧客を取り込みたい業者側、両者のニーズがマッチしてできたキャッシングだそうです。

レディースキャッシングは、必ず女性専用ダイヤルがあるので、そこにかけると必ず女性スタッフが対応してくれますよ。
ただし、女性専用だからといって金利が低いとか限度額が上がるとかそういったことはないです。

レディースキャッシングのメリットとは・・・

やはり一番は対応してくれるのが男性だとちょっとね。。。という人たちが安心して利用することができるというところですね。

申し込みのときには家族構成や仕事の状況などプライベートなことも申告しないといけませんので、女性の方が話しやすいという声が多いんだと思います。

家族に内緒で借りたいなどといった理由がある場合でも、同じ女性の方が相談もしやすいですよね。

例えば、家に男性の声で「○○と申しますが、○○さんいらっしゃいますか??」って電話が掛かってきて、家族が電話に出たら「今の誰??」って疑問に思われる可能性は高いですよね。
これが、女性の声ならば「知り合いかな??」くらいで気に留めることもない可能性があります。

レディースキャッシングに欠かすことのできない要素として、店舗に行かなくてもインターネットから申し込みが可能で、振込融資が可能であったり、銀行やコンビニATMからキャッシングを利用することができます。

一般的に女性は男性よりも所得が低いので総量規制の対象になるキャッシングでは不利になってしまいます。

日本では出産をした約40%が仕事を辞めて専業主婦になります。キャッシングを利用したい人の中には生活費を補填したい専業主婦の方も少なくはないようです。

そうなると総量規制対象外である銀行カードローンが候補となるのですが、残念ながら銀行カードローンにはほとんど女性専用のプランがないのです。

なので、収入が無くても貸金業者からお金を借りたいっていう場合には「配偶者貸付」を行っている業者で借りる必要があるのです。

参考⇒専業主婦カードローン